スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のり切手2

少し落ち着いたので私の気持ちの整理がてらまとめて書きたいと思います。あまり良い話ではないので追記に書きます。興味のある方だけご覧下さい。
メールの内容は概要で、彼女というのはのり切手のゼットさんです。

 ことの始まりは1通のグループスワップです。貼られていたのはあきらかなのり切手。中身は素敵なコンフェッティが4パックもはいっていただけにとても残念に思いました。また、メモをきちんと読んでいなかったので、まだ「スタンプバックしてください」といわれていないだけマシだなぁ、という記事を書きました。この記事の後すぐにコメントをいただき、スタンプバックが頭にない状態でコメントの返信をしました。
 しかし、メモを改めて読み返すと、「未来のswapのために私に切手を送り返してね」というのり切手のstampbackを意図した一文を発見。また、他のお手紙ブログでののり切手の記事を読み返すと彼女と同じ可能性が極めて高いことを確認しました。
 その記事はこちら

 この時点でどのようにすべきか迷いましたが、グループへの報告に「既にパッケージを作ってしまったので、今日届いたあなたの切手をいれられなかった。ごめんね。」と追記しておきました。私個人としてはアンチのり切手、これがプライベートなら無視しておけばいい話なのですが、こちらはグループ経由のスワップなのでオーナーに確認を取ってみました。(前記事で報告、とありましたが正確には相談であったと思います)
「私は受け取り報告をした段階で、まだ彼女に切手を同封できる機会がありました。なので私の報告には嘘が混じっています。ごめんなさい。少なくとも日本ではのり切手は禁止されています。私は送り返す必要があるのかどうか、混乱しています。」

 その直後、彼女からメールが届きました。そのくだりがこちらの記事です。
 グループをやめたいというメールの後、オーナーから返信を頂き

「彼女のことが原因でグループをやめるべきではありません!彼女の態度が失礼だったなら謝ります。グループにはあなたとのスワップが好きな女の子が他にもいるのですよ。彼女へは私から連絡を取ってみます。そして、彼女とあなたを絶対にパートナーにしません。ごめんなさい。」

 オーナーに謝って欲しくてやめたいといったわけではないのです…。むしろこちらが巻き込んで申し訳ないと誤りたいくらい。グループには私の好きな方がたくさんいます。彼女だけが原因でグループを辞めるのは確かに勿体無いことだとも思います。でも、私は今後お付き合いする予定の方がのり切手ユーザーっていうのは気持ちが悪いです。
 誰よりもオーナーに迷惑をかけてしまうことになりますが、私と当人で何か話しても何も産まれないと思います。今回はオーナーに仲介してもらってなんとか丸く収まることを祈っています。

 逆切れ(?)メールの返信は保留しておいて、オーナーにありがとうという気持ちを伝えておきたいと思います。進展があればまた報告させてください。

関連記事

comment

Beekoさん、こんにちは。実は私もZさんと同じグループに入っています。私が彼女にFBを送った後、pal&swapperになりませんかとお誘いを受け文通成立しかけたのですが途中でスタンプバックは絶対必要という話が出てきたので断りました。そのあと彼女からのFBも到着したのですが、「将来、私にSwapを送る機会があったら切手を送り返してほしい。」と書いてありました。私はスタンプバックしませんと言ったのに・・・。なのでスタンプバックの要求は無視しています。
いまHigh Quality FBのスワッパーを探しているのですが、最近お誘いした人がスタンプバックの人でがっかりしました。他にも声をかけたい人がいるのですが、この人もスタンプバックなのかな?と疑心暗鬼になり声をかけられずにいます。いくつかの国から届くエアメールには消印すら押されてなくて、もしかしてその国では郵便局も黙認してるのかとさえ考えてしまいます。
それにしても、グループスワップでのスタンプバック要求はやりすぎですよね。しかも彼女がBeekoさんに送ったメールからすると、Be polite to everyone. Respect other members.という基本的なグループルールを違反しているような気がします。
  • 2010/02/10(水) 12:40 |
  • にんじん大臣 |
  • URL
  • [編集]

にんじん大臣さんへ

こんにちは。
記事を書いてから彼女の知り合いが日本だけでこんなに多いものかとびっくりしています。しかもどなたにもスタンプバックを持ちかけて断られているようで…。そんなに何度も断られてまでのり切手に執着しているってなかなか鋼鉄の意志の持ち主なのですね(笑)

消印のないエアメール、うっかりなのか消印自体が存在しないのかは謎ですが、切手の再利用までしっかり考えられていない国があるのも事実ですよね。日本は世界的に見てもかなり郵便事情が良いと聞きます。日本の常識ではありえないことが海外では普通、というのはわかりますが、それが各国共通の犯罪であることを自覚しながらもいわば万引きのような行為を繰り返すのは一生かかっても理解で競うにありません。

プライベートなら自分でなんとかしたんですが、グループだと今後もお付き合いしなければいけませんからね;個人的な事情をグループへのパートナーに押し付けるのはフェアでないなぁと思います。

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

profile

Writer:Beeko(びーこ)→詳細
love:国内外文通・Frienship Book・ペーパークラフト・布小物・消しゴムハンコ・料理・ピアス(ロブのみ現在4つ)

【Login】

ranking

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

お手紙ブログランキングに参加しています。

LINK

ジャンル問わず相互リンク募集しています。ただし、絡み・交流のある方に限ります。

search

スポンサー

当ブログはFC2BLOGの無料版を利用しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。